スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まる~いモノ。。。 

こんばんは~じゅんじゅんです☆

人間は先の尖った物体に恐怖を感じ、

丸い物体を見ると、気持が穏やかになり
安心するそうです。

まぁ心理学の話ですけどね(笑)。心理学は個人的に好きなので☆


『あの人は角がない人だね~。』 


なんて、みなさんも1度は耳にしたこともあると思いますが。。

僕も誰に対してもやわらかく、人当たりの良い青年でありたいものです。



というわけで、本日は、 『まる~いモノ』。



1個目は、『バブルランプ』
maru01.jpg

maru03.jpg
ミッドセンチュリーを代表するデザイナー、「ジョージ・ネルソン」によって、

1952年から1979年までの間、アメリカのハワードミラー社から生産されていたバブルランプです。

数十本と張り巡らされたワイヤーフレームに、丁寧に貼られたファイバーグラスシェードがシンプルで、

とても美しくモダンなデザインです。

洋和室を問わずあらゆるタイプの空間にマッチしますよ。

今でもアメリカのモダニカ社が復刻して販売しています。良い物は受け継がれるものですね。


店頭ではディスプレイでしたが、

値段を付けた日にすぐ売れてしまいました。。。早つっ!

そう!こういったランプも販売しておりますので、

店頭にお越しの際は天井や隅々までチェックしてみてくださいね。。






2個目は『ポスター』
maru02.jpg
こちらは、60年代~70年代のポスターです。

ドット柄のパターンになっていますが、中央部分が立体的に浮かんで見えるようになっています。

2次元で3次元を表現するなんて、ヤバいですね。

カラーリングも大好物な色目だし。。

この時代のアートには昔から興味ありますから、個人的にはマストです!





ラストは『ミラー』
maru04.jpg
1970年代のプラスティック製のミラーです。

ミラー部分の反対面が丸いので、角度が色々変えられる優れもの!

シルバーというスペーシーな色目がたまりません。

僕も色違いを家で使用していますが、大活躍中です。

こんな風に、ミラー面を開けると中に収納できますよ。
maru05.jpg
ミラー面だって下のお皿にぴったりハマるので、こんな感じのディスプレイにも。

一見ミラーに見えないのがポイント。

しかし、これだけ見ると不思議な感じ見えるなぁ。。。。。
maru06.jpg

以上。まる~いモノでした☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。