スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デニムJKT 



こんばんは、megaです。

今回はデニムJKTをご紹介したいと思います。

デニムJKTはアウターにはもちろん、インナーにも使えたりと、

色々と使い回しがきくので個人的に大好きなアイテムです。



まず一品目はこちら。

djs03.jpg
djs04.jpg


40's辺りのライナー付きカバーオールです。

デニムの色落ち具合も良く、袖周りのペンキ汚れと相まってかなりの雰囲気です。

ボタンはこの時代の物に良く見られる月桂樹、

また、ライナーの素材はアルパカですので肌触りが良いです。




お次はこちら。

djs01.jpg
djs02.jpg


Lee 101-Jのユースサイズ、101-JYです。

50年代中ごろの物で赤タグとなります。

サイズは12で小柄な女性の方がタイトに着れるぐらいでしょう。

もし、メンズサイズの36あたりでしたらかなり高額の商品ですが、

こちらは16980円と格安となっております。





最後はフロントストアから一着。


djs05.jpg
djs06.jpg



WranglerのWrange Coatです。

定番的に人気で、当店でも在庫をたずねられることが多いアイテムとなります。

身ごろにボアが付きですので、これから迎える真冬でも充分に対応できる暖かさです。

適度に長めな着丈が着こなしやすく便利な一品です。



その他、デニムジャケットの在庫は多数あります。

お気軽にお問い合わせ宜しくお願い致します!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。